Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /var/www/html/g-second.net/www/wp-includes/post-template.php on line 284

【Gぷろ / IFTTT】Twitterに送信してくれるGoogle Assistantをつくる

更新日:2017年10月5日 / カテゴリ:Gぷろ!, プログラミング全般

Warning: Use of undefined constant 続きを読む - assumed '続きを読む' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /var/www/html/g-second.net/www/wp-content/themes/gsecond/single.php on line 8

本日二回目の投稿です。小野咲です。
Node.jsでのAmazon DashButtonで色々し、バグも解消できたので正直暇になってました。

ふとIFTTTを開くとこんな画面が。

Google Assistant…?
ちょうど先程、MadeByGoogle イベントが有り、その影響かこのレシピが表示されていました。

私は考えました

…もしかして、Google Assistantで独自の応答を作れるのでは…?

やります

思い立ったが吉日、やってみることにしました。

レシピ作成のミソ

  • $が文字列に置き換え、#が数値に置き換え。(変数)
  • 変数は、最初に持ってくることができない(「 $ をして」できない)(英語の影響…?)
  • 変数の前後にスペースを入れる必要がある。

example : ツイート $

この場合、「OK Google, ツイート こんにちは」と言うと「ツイート」という文字列がツイッターに送信されます。

スペースの位置も判定されるみたいなので、Google アシスタントに声をかけた結果を書くと良いでしょう。

まとめ

何で気づかなかったんだろ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。